軽井沢町塩沢村から里山の楽しさを皆で発掘する「里山キャンパス」のサイトです。
エコミュージアム」塩沢村の内のあらゆる施設やイベント情報も発信しています。

「昆虫探索記」の記事

ウスバキトンボ発生中‼

2016年8月9日

↓以下の画像はクリックすると拡大されます。
 » ウスバキトンボ発生中‼

この暑い中、虫採りをされている方もされてない方も、暑中見舞い申し上げます。

 

さて、久しぶりの投稿になってしまったのですが、最近街中をよく飛ぶトンボがいたので、「もう秋のようだ」なんて思いました。

そのトンボはこちらです。

 トビマルハムシの仲間

はい。失礼しました。飛んだ茶番です。(トンボだけに。)

これはもはやトンボですらありませんな。

 

こちらです。

 ウスバキトンボ

これは多分ウスバキトンボだと思うんですけどねぇ。

もし間違っていたらご一報ください。

 

さて、このウスバキトンボですが、実は撮影にはめんどくさいトンボです。

その1 常に飛んでいる。ほとんど止まらない。

    さすがの疲れたら止まりますけどねぇ、彼らは「疲れ」を知らない。人間もそんなだったら「夏バテ」もしないのにね。

その2 夕方に多く飛ぶ。体色は黄色なので夕日とマッチして映らない。

    これが1番の厄介な点です。

その3 敏感。

    トンボは基本そうですが、やはり動きに敏感なようで、近づくと逃げます。追いかけっこ状態です。

 

てなわけで、実際撮るとこうなります。(OLYMPUS TG-3)

 ウスバキトンボ(5匹くらいいます。)

めんどくせぇ。

 

ただこのウスバキトンボ、面白い面もあって、秋になると南に下って行ってしまうのです。ただ、どこまで行ったか分からないのでまだ謎が深いですが、タイまでは飛んでいるそうですよ。

 

では、夏になってもクワガタの話題がないのは気にしないで、また次の投稿まで。

次回はクワガタが・・・

 

昆虫クラブサマーキャンプ締め切り間近!

詳しくはこちら

http://ecomuseum.visitor-center.jp/?p=1700

> GoogleMapで表示する
この記事を書いた人
kyotarogoino
昆虫クラブの「部長」
昆虫クラブの部長 みんなからの呼び名も「部長」 本名 きょうたろう 現在、中学3年B組(金八先生...ではないんですねぇ。残念。) 今現在このページで最も投稿している人なのでどうぞよろしくおねがいします。(投稿目安は約1か月に1~2回の不定期) 昆虫クラブ入部希望者待ってまーす。 ちなみに今年で昆虫クラブは3年目になります。
この記事を気に入っていただけましたら「いいね!」お願いします。
この記事についてコメントがありましたらどうぞ!
塩沢村のスローな文化の中で、あなたも自然を体験しませんか?